クーラー病にご注意を!!!

2019.08.21

クーラー病にご注意を!!!

こんにちは!!

スタッフの浦山です!!

 

本格的に暑くなってきました!!

皆様はクーラーを使っていますか!?

家の中でも熱中症になってしまうので

クーラーは使いましょう!

が!!!使い方にご注意を!!!

 

クーラーを使うにあたって危険なのは

()

クーラー病とは

自律神経が乱れた状態のことです。

自律神経とは体温調節や発汗をコントロールする機能のことです。

 

〇クーラー病の原因

夏の暑い日に冷房を強くかけて身体がキンキンに冷えたり

炎天下の屋外に出たりすると自律神経が乱れてしまいます。

 

〇クーラー病の症状

ギックリ腰寝違え、足腰の冷え、だるさ、肩こり、頭痛、神経痛、下痢など

 

〇クーラー病の対策

クーラーの設定温度を外気温−5℃以内に設定する。

クーラーの風向きを人に直接当たらないようにする。

身体の中心を冷やさないようにする為身体を温めるものを食べる

ショウガ、ネギ、ニンニク、タマネギ、カボチャ、チーズ、トウガラシやコショウなど

運動、ストレッチを行う

シャワーではなくお風呂に浸かる

 

皆様、これで暑さに負けず

元気に夏を乗り越えましょう?



院長 小島 和也